【陰部ピンクちゃんの習慣】陰部の黒ずみ解消クリームランキング5選

 

「陰部が黒いと遊んでると思われそう」
「どうしよう私処女なのに…」
「こんな黒ずんでたら水着が着られない…」

 

陰部が黒いと、自信が持てなくて気持ちが沈んでしまいます。できることなら、ピンク色のアソコを手に入れて彼や友人に対して自信満々に身体を見せたいですよね。

 

そんな女子の救世主的な存在の「陰部の黒ずみ解消クリーム」!

 

ですが、陰部の黒ずみ解消クリームは口コミや評判が多すぎて、どれが効くのか?よくわからないと思います。

 

そこで、当サイトでは人気の陰部の黒ずみ解消クリーム5商品をランキング形式で紹介していきます。是非参考にしてください

 

陰部の黒ずみクリームの選び方3つのポイント

ここでは、陰部の黒ずみ解消クリームの選び方3つのポイントを紹介していきます。

 

これだけ押さえればOK!というポイントをまとめて紹介するので、陰部の黒ずみ解消クリームを選ぶ時の参考にしてください。

 

【選び方3つのポイント】

  1. トラネキサム酸が配合されていること
  2. 多くの人が使って満足している人気商品であること
  3. 無理なく続けることができる価格設定であること
トラネキサム酸が配合されていること

陰部の黒ずみ解消に最も効果的な有効成分は「トラネキサム酸」です。

 

「え?美白最強成分はハイドロキノンでは?」と思う人も多いと思います。その考えは間違ってはいません。

 

現在市販の化粧品に配合できる最強の美白成分は「ハイドロキノン」です。その効果はビタミンC誘導体の100倍とも言われています。

 

ですが、そんなハイドロキノンにも弱点があります。それは、あまりにも強い美白作用の副作用として刺激が強すぎることです。

 

お肌が弱い人がハイドロキノンを使うと、肌がかぶれて逆に黒ずみが深く刻まれてしまう危険性さえもあります。

 

その点トラネキサム酸は、お肌への刺激は控えめです。美白効果も、メラニン生成の原因物質の働きを止める作用があるため、かなり高いです。

 

トラネキサム酸は、ハイドロキノンと違ってできてしまったメラニンの還元作用はないため、ターンオーバーで既に沈着したメラニンが排出されるまで待つ必要があります。

 

ですが、一度既に沈着したメラニンを排出しきってしまえばそれ以降黒ずむことは無い!と言って良いほど強い美白作用を持つ成分です。

多くの人が満足している人気商品であること

多くの人が満足している人気商品であることも、陰部の黒ずみ解消クリームを選ぶうえでとても大切なポイントです。

 

化粧品はどれだけ高価な融合成分が配合されていようと、人によって合う合わないが顕著にでます。

 

そのため、有効成分や製造元の宣伝だけを見て「自分に合ってる」と思って買っても、いざ使って見ると全然効果が無い!なんてことが有り得ます。

 

その点、多くの人が評価している人気商品であれば、それだけ多くの人が効果を実感しているということです。

 

もちろん、使って見るまでは分かりませんが多くの人が評価している商品の方が効果を実感できる可能性は高いです。

 

そのため、多くの人が評価している人気商品であることも陰部の黒ずみ解消クリームを選ぶ上で大切なポイントになってきます。

無理なく続けることができる価格設定であること

無理なく続けることができるかも、陰部の黒ずみ解消クリームを選ぶうえでとても大切なポイントです。

 

どれだけ高くて優れた化粧品でも、毎日継続的に使い続けなければ効果を期待することはできないからです。

 

とても高くて優れた化粧品を3日に1回つかうよりは、ちょっと安くて成分も劣る化粧品を毎日使った方が効果は期待できます。

 

そのため、自分のお財布を圧迫しすぎない価格帯の化粧品を購入することはとても大切なポイントになります。

陰部の黒ずみ解消クリームランキングTOP5

ここでは、陰部の黒ずみ解消クリームの選び方3選に従って選んだ陰部の黒ずみ解消クリームランキングTOP5を紹介していきます。

 

念のため、陰部の黒ずみ解消クリームの選び方も再度紹介しておきますね^^

【選び方3つのポイント】

  1. トラネキサム酸が配合されていること
  2. 多くの人が使って満足している人気商品であること
  3. 無理なく続けることができる価格設定であること

 

 

イビサクリームの特徴

イビサクリームは陰部の黒ずみ専用美白クリームでNo1の人気を誇るクリームです。有効成分として「トラネキサム酸」と「グリチル酸2K」が配合されていて、効果期待度はピカイチです。また、価格帯も1日換算で約150円なので、無理なく続ける事ができるしょうひんです。迷ったらイビサを選んでおけば失敗はありません!

価格 4470円
評価 評価5
備考 トラネキサム酸配合、医薬部外品、一日当たり約150円
 
 

ホスピピュアの特徴

ホスピピュアは湘南美容外科が監修した乳首の黒ずみ解消クリームです。専門は乳首ですが、デリケートゾーンへの使用も可能で、有効成分はトラネキサム酸です。有効成分の面ではイビサクリームに劣り、値段も高いです。ですが名の通った美容皮膚科監修のクリームなので安心して使う事ができます。

価格 5500円
評価 評価4.5
備考 トラネキサム酸配合、医薬部外品、一日当たり約185円
 
 

ハーバルラビットの特徴

ハーバルラビットは、黒ずみ全般に有効な美白クリームです。主な有効成分はプラセンタエキスで、トラネキサム酸と比べると美白効果は劣ります。ですが、お肌にとても優しい成分なので、お肌が敏感な人におすすめできる陰部の黒ずみ解消クリームです。

価格 4250円
評価 評価3.5
備考 医薬部外品、一日当たり役142円
 
 

ヴィエルホワイトの特徴

ヴィエルホワイトは、トラネキサム酸とプラセンタエキスを有効成分とした陰部の黒ずみ解消クリームです。有効成分から見る効果期待度は、イビサクリームと同程度ですが価格が高いのがネックです。また、美容液タイプなので保湿力の点で劣ります。クリームタイプが苦手な人はヴィエルホワイトを選ぶと良いですね。

価格 4770円
評価 評価3.5
備考 トラネキサム酸配合、医薬部外品、一日当たり約160円
 
 

ホワイトラグジュアリーの特徴

ホワイトラグジュアリーは、グリチル酸2Kとプラセンタエキスを主成分とした陰部の黒ずみ解消クリームです。有効成分ではイビサクリームには劣りますが、5つの商品のうち最も低刺激なクリームです。他のクリームでは刺激が強すぎて使えない!という人におすすめです。

価格 5980円
評価 評価3
備考 医薬部外品、一日当たり約200円
 

 

No1陰部の黒ずみ解消クリームはイビサクリーム

イビサクリームが人気の理由とは?

有効成分としてトラネキサム酸が配合されている
医薬部外品なので効果期待度が高い
一日当たり約150円と低価格
陰部専用なので陰部への効果期待度が高い
人気No1の陰部の黒ずみ解消クリームなので安心できる
配達員も中身がわからない梱包でバレずにすむ
定期コースの縛り回数が少ない

イビサクリームを実際に使って見た!

イビサクリームを実際に使った私がイビサクリームについて紹介します!

イビサクリームが家に届きました。イビサクリームは、A4サイズの封筒に梱包されていて外側には会社名しか掻いてありませんでした。

 

これなら、配達員さんや家族に私の悩みがばれることはありませんね♪

 

イビサクリームの裏面には全成分表示があります。しっかりと有効成分に「トラネキサム酸」「グリチル酸2K」の文字がありますね。

 

大きさは結構大きいんです。スターバックスカードと並べるとこんな感じ。ぎりぎり化粧ポーチにも入りそうな大きさですね。

 

さすがにアソコは恥ずかしいの手の甲にクリームをのばしてみます。

 

塗り伸ばした感じは、伸びが良くとても塗りやすかったです。手の甲に塗ったのですが浸透感があって「これは効果がありそう!」と感じました。

イビサクリームの口コミまとめ!

今のところ効果は実感出来ていません
年齢/性別 購入前の悩み 評価

27歳/女性

デリケートゾーンの黒ずみ

デリケートゾーンの黒ずみが悩みでイビサクリームを使い始めました。使い始めて約2ヶ月目になります。今のところ大きな変化は感じていませんが、塗った感じはとても心地が良いです。さっぱりした使用感なので夏場でも気持ち良くぬれます。もうしばらく続けてみようと思います。

 

少し薄くなった気がします…
年齢/性別 購入前の悩み 評価

30歳/女性

陰部の黒ずみ

見た目はとても濃厚なクリームですが、実際に塗ってみるとするする伸びて使いやすかったです。バストトップに塗り続けて3ヶ月…少し薄くなってきた気がします。ピンク色のバストトップへ期待を込めてこれからも塗り続けます♪

 

お肌が滑らかになりました!
年齢/性別 購入前の悩み 評価

22歳/女性

お尻の黒ずみ

テクスチャーは、見た目はもったりしていますが塗るときはさらっと伸びてくれて塗りやすいです。しっかり塗り込むとお肌がもっちりして保護されているなあという感じですね。使い始めて3週間程度ですが、お尻のぽつぽつが滑らかになり黒ずみも押さえられてきた気がします。これからも使い続けます♪

 

イビサクリームの口コミまとめ

全体を通して良い口コミが多かったです。もちろん、1割~2割程度悪い口コミもありました。

 

化粧品は合う合わないがあるので仕方が無い面はありますね。むしろ、良し用品には悪い口コミがつきものなので、それだけイビサクリームが有名で良い商品だということかもしれません。

 

口コミの中で特に多かったのは、もっちりとしたテクスチャの割に伸びが良くて使いやすい!といった内容です。美白効果は2ヶ月~3ヶ月程度で実感する人が多かったように思います。

 

口コミをみた限りでは、イビサクリームを使って満足出来る可能性はとても高いと言えます。

 

陰部の黒ずみに市販のクリームは効果が無いのか

陰部の黒ずみクリームで市販の薬局で買える商品は無いのか?気になりますよね。薬局で購入出来れば無くなってもすぐに購入出来ますし、なにより安い商品が多いです。

 

ここでは、陰部の黒ずみクリームで市販のものは効果が無いのか?について紹介していきます。是非参考にしてください。

 

市販のクリームでトラネキサム酸配合のクリームは存在しない

市販のクリームの問題として、陰部の美白に最も効果的な成分「トラネキサム酸」が配合されたクリームが存在しないことがあげられます。

 

市販の黒ずみ解消クリームに配合されることが多い成分は「プラセンタエキス」や「ビタミンC誘導体」が多いです。

 

プラセンタエキスやビタミンC誘導体も美白効果は高いのですが、トラネキサム酸と比べると効果期待度は劣ります。

 

そのため、なるべくなら市販のクリームで無く通販専売で高品質な「イビサクリーム」や「ホスピピュア」を購入すべきと言えます。

 

市販のクリームで医薬部外品の商品は少ない

市販のクリームの問題点として、医薬部外品が少ないことがあげられます。

 

医薬部外品は、厚生労働省が効果・効能を認可した有効成分が規定量以上入っている商品です。そのため国がその効果を認めた商品といっても過言ではありません。

 

ドラッグストアで購入出来るような市販の商品には、医薬部外品はほとんどありません。

 

いくつか医薬部外品の商品もありますが、価格は通販専売品とあまりかわりません。それに、トラネキサム酸配合では無いのでイビサクリーム以上に優れた商品は市販で入手することはできません。

 

市販のクリームで陰部専用の商品は存在しない

市販の商品の問題点として、陰部専用に開発されたクリームが存在しないこともあげられます。

 

市販の黒ずみクリームの大半は、ボディ全般に向けて開発された商品です。一部乳首やお尻向けに開発された商品もありますが、陰部専用の商品は存在しません。

 

陰部はとてもデリケートな部分なので、専用に開発されたクリームを使用しないと副作用の危険が高いです。

 

ボディ用の美白クリームでは刺激が強く、かぶれてしまって余計に黒ずみが悪化することも考えられます。

 

確実な効果を考えるのであれば、通販専売品でも陰部専門に開発されたクリームを使うことをおすすめします。

陰部の黒ずみに美容皮膚科への通院はどうなの?

陰部の黒ずみを確実に解消したいのであれば、美容皮膚科への通院という方法もあります。

 

美容皮膚科への通院は、専門医が見てくれて確実といったメリットがありますが、逆にデメリットもあります。今回は、デメリットに焦点を当てて紹介していきます。

 

美容皮膚科への通院は高額になりがち

美容皮膚科の問題点として高額になりがちであることがあげられます。陰部の黒ずみに対する美容皮膚科の対応で最も一般的なのは「レーザー照射」です。

 

レーザー照射は痛み無く確実に陰部の黒ずみを処理できますが、1回当たり1万円~と高額な治療費が必要で、さらには6回~12回程度通う必要性があります。

 

月に1万円の損失は、サラリーマンにとって大きいですよね。お財布に余裕があればレーザー治療はおすすめですが、あまり余裕が無いのであれば黒ずみ解消クリームに頼る事をおすすめします。

 

ハイドロキノンは刺激が強すぎる

美容皮膚科での処置としてレーザー以外に「ハイドロキノン」の処方があります。ハイドロキノンであればレーザーほど高額な治療費はかかりませんが、副作用が強すぎるというデメリットがあります。

 

ハイドロキノンは別名「お肌の漂白剤」と言われるほど美白効果の高い成分です。その反面、高すぎる美白効果により刺激が強すぎるというデメリットがあります。

 

人によっては、陰部がかぶれてしまい炎症を起こして黒ずみがさらに悪化する場合があるようです。また、ひどい痒みに襲われる可能性も高いようです。

 

ハイドロキノンは顔やボディにはとても有効な美白成分と言えますが、陰部にはあまり向かない美白成分と言えます。

 

人に陰部を見せなくてはいけないので恥ずかしい

美容皮膚科に通うからには、診察の際に陰部をまじまじと見せる必要があります。

 

もちろん、美容皮膚科は女性の先生がメインですが、いくら女性と言え恥ずかしい部分を何分も見られるのはちょっときついと思います。

 

「私は見られても構わない!」という人は全然問題無いと思いますが、恥ずかしさを感じるのであればまず自宅でできるケアを考えて見ても良いかもしれません。

そもそも陰部の黒ずみの原因とは?

あなたは陰部の黒ずみに悩んでいると思いますが、陰部の黒ずみの原因について考えた事はありますか。

 

これから、陰部の黒ずみを解消していくうえで、黒ずみの原因を知っていた方がどうするべきなのか?判断しやすいと思います。

 

そこで、最後に陰部の黒ずみの原因について紹介していこうと思います。

 

陰部の黒ずみの原因は「メラニン」

陰部が黒ずむ原因はお肌に沈着したメラニンです。

 

メラニンは、紫外線を浴びたときに作られる物質として有名ですね。

 

基本的にメラニンは、お肌が紫外線の刺激や下着の摩擦などによりダメージを受けた場合に身体の防御反応として生成されます。

 

ここで生成されたメラニンが正常に排出されないと黒ずみとして陰部にあらわれることになります。

 

特に、陰部のお肌のターンオーバーが乱れた状態だとメラニンが正常に排出されずお肌の表面が黒ずんで見えることになります。

 

メラニンが生成される原因をいくつか紹介しておくので日常生活の中で気をつけてみると黒ずみの予防につながります。参考にしてください。

下着と陰部の擦れ

固い素材のフリル付きの下着などお肌と擦れる素材の下着を好んで身につける人は注意が必要です。

 

お肌は擦れる刺激にとても弱く、固い素材の下着を身につけているとすぐにダメージを受けてしまいます。

 

固い素材の下着を常用している人は、下着を柔らかくお肌に優しい素材のものにかえるだけで黒ずみが薄くなるかもしれません。

椅子との摩擦

椅子に座っている時間が長い人も注意が必要です。

 

椅子に座っている間はお尻と下着の間に強い力が加わっています。そのため椅子に座る時間が長い人はお尻に黒ずみが出来やすい傾向にあります。

 

もし、椅子に座っている時間が長い仕事をしているのであれば、座布団を敷いたり、椅子を柔らかい素材のものにするなど工夫することをおすすめします。

タイトなパンツによる摩擦

タイトなパンツを履くとデリケートゾーンが締め付けられて下着と擦れやすくなります。

 

普段タイトなパンツを履くことが多い人は、なるべくゆったりとしたパンツを履くように心がけるだけでも黒ずみが薄くなるかもしれません。

長時間の自転車による擦れ

自転車に乗る時間が長い人も注意が必要です。

 

自転車に乗るときに足を回す運動でデリケートゾーン周りに擦れが生じます。

 

自転車に乗る時間が多い人は、自転車に乗るときは擦れにくいスパッツを履くなど工夫してみるとよいかもしれません。

ホルモンバランスの乱れ

実は、ホルモンバランスの乱れも黒ずみの原因となり得ます。

 

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があり、それぞれがバランスをとって分泌されています。

 

2つの内エストロゲン(卵胞ホルモン)が、ターンオーバーを促進し正常化していると言われています。

 

そのため、睡眠不足やストレスでホルモンバランスが乱れエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが崩れると正常なターンオーバーが行われなくなります。

 

ターンオーバーが乱れると、メラニンをお肌の外に排出する事ができなくなるので陰部やその他様々な部分の黒ずみの原因になってしまいます。

 

そのため、ストレスをため込みすぎていたり睡眠時間がばらばらで自律神経が乱れている人は普段の生活に注意が必要です。